「リソールメソッド養成スクール」に向けての久美さんの想い


こんにちわ。リソールの長谷川久美です。


久美さんってなんで足のトラブルの仕事を始めたの?って よく聞かれます。


もともと、30代はリフレクソロジーという足を触るお仕事をしていて、そこでお客様から「足のお悩み」を聴いてました。


当時 足のトラブルの根本改善を教えてくれるところがなかったんですよね。


「必要なのに ないなら 自分がやればええやん」という想いで 勉強をし、なかば勢いだけで 起業をしました。


2014年に学んだ「自然療法フットケア」は 足靴歩のトータルでケアするのが大事だよという学びでした。


なんと、DVD学習とリアル講座のハイブリッド。時代ですねーーー(笑)あのころは オンラインZOOMとか YouTubeで学ぶことはなかったですwww


開業してからのほうが、勉強しました。お客様の足を借りながら、何が必要?何があれば改善する?と 自問自答しながら。


最初に習った 「足と靴と歩き方」 のトライアングルを基軸にして、それを肉付けした感じです。


「久美さんに出会わなければ ずっと足の事で悩み続けてました」


「外反母趾の手術をしないといけないのかと怖かったです。もっと早く知りたかったです」


「ディズニーランドで歩き回ったけど 初めて足が痛くなかったです」




そんな嬉しいお言葉を糧に、メソッドを育ててきました。



私自身 開業と同時にシングルマザーになり、必死で働きました。


サロン開業で3年以上続くお店が3パーセントと言われている 厳しい世界。



リソールが続いたのは「必要としてる人」がいるからです。



足と靴の専門家は まだまだ 少ない


コロナ禍で「外反母趾」になった人が増えたんです。


歩かないのに!?



そう 歩かないから 足が退化しちゃうwww


そして、筋力が低下したら足で 楽ちんな 柔らかい靴を

履いて歩くことが どれほど足の負担になるのか


それを知らない人が多いのです


もっともっと伝えていきたいのです。


「リソールメソッド養成スクール」で過去の私のように 学んでそれをたくさんの方に伝える人を増やすこと


それが 今の久美さんの使命かなと思っています。


コースは


お仕事にしていきたいプロコースと



お仕事にはせずに、自分や家族のために学びたい人はパーソナルコースと


チョイスできます^^


是非 個別説明会にご参加くださいね。


https://www.resole-footcare.com/school-annai










最新記事

すべて表示