外反母趾(強剛母指)とサンダル選び


こんばんわ。リソールの長谷川久美です。


本日のお客様は「足の骨が出て そこが当たっていたくなる」ので、どんなサンダルを選べばいいですか?という お悩みのコースのお客様です。



サンダル選びは 正直難しいです。


そして、今年2022年圧倒的にスポサン(スポーツサンダル)が大流行。


厚底、返しがない(靴底が曲がらない) ピタッとフィットしてない

の三大ブッブーーーーなサンダルが 売り場にならびます ひーーー涙


お悩みの 親指の付け根の甲側の骨 ここに厚みがあり トラブルがおこりやすいので、それを 避けるか 覆ってしまってなじますか。


サンダルは線や点 で 足を捉えると 疲れます


できれば面で 足と靴のフィット感をあげたい!!


上記のサンダルは 個性的で、ベルトが調整できます。そして気になる骨をよけてくれるので、悪くはない。。でも、フィット感は惜しいって感じです。


移動して こちらを




うん、悪くないですね^^


甲側をクロスの面でとらえてくれてるので 安定はしやすいです。


骨がおおわれてるところの生地もやわらかくて 痛くならなさそうです。




一番ご本人的に 履き心地を満足されたのがこちらです。


久美さん的には 骨のところを線でとらえてるので少し不安要素でしたが、痛くないと。


おそらく それぞれの線がいい感じに足と靴をフィットさせて、靴底のソフト加減も相性が良かったのだと思います。


こちら、新作ではないので、破格でゲット!!


コロナから 靴屋さんも苦しい状況で 前年度の残りしか入ってこないなど事情がありますね。おかげで セールス価格で変えたりしますが、、、


ちなみに二枚目のサンダルもご購入

一枚目は検討中


帰宅後に、LINEで 


「最初に履いたサンダルはとてもおしゃれでかっこいいですね。買いにいこうかなぁと思案中^^ こういう時間はとっても幸せですね🌸」


とご連絡いただきました。



わかりますーーー!!


靴選びの指標がないときは 何時間もさまよって 何がいいんだかわからず、結局デザインで選んで足が痛くてはけず、、、もう 疲弊しかない涙


靴選びはポイントを絞ると すごく時短できます。


初めての方はこちらから


初回カウンセリングand靴同行ショッピング


健康もデザインも諦めない靴選び♪リソールメソッド

閲覧数:93回0件のコメント